研究室紹介

家畜育種遺伝学

— 動物の遺伝・育種 —

ニワトリを対象として、卵を沢山産ませる遺伝子、肉を沢山つくる遺伝子、肉のおいしさを決める遺伝子などが染色体上のどの位置にあるのか調べています。また、ヒトに飼われている色々な種類の鳥類が、お互いにどんな親戚関係をもっているのか、DNAに着目しつつ調べています。さらに、家畜がもつ、ヒトの役に立つ遺伝子が、どんな構造をしているのか、どんな機能をもっているのか詳しく明らかにしようとしています。これらに加えて、いろいろな種類のニワトリや突然変異ウズラを常時飼育して、それらがもつ特性を調べています。 詳細はこちら

ニワトリの遺伝子を自動遺伝子配列解読装置で解析している様子

(写真:ニワトリの遺伝子を自動遺伝子配列解読装置で解析している様子)

家畜生殖学

— 動物の受精・初期発生 —

動物がどのようにして子孫を残しているのかを知ることは、効率的に動物を増やすだけでなく、繁殖機能が低い個体の治療法の確立や高度な生殖工学技術を用いた新たな動物生産法の開発につながります。「動物生殖生理学」では、生殖細胞(精子・卵子)の誕生のメカニズム、機能的特徴について、形態学的、内分泌学的、分子生物学的に理解してもらいます。また「発生工学」では、人工授精、生殖細胞の凍結保存から、体外受精、核移植技術、ES細胞を用いた再生医療、遺伝子改変動物の作成法について学びます。「卒業研究」では、DNAチップや遺伝子改変個体などの分子生物学的手法を取り入れた受精に関わる基礎的研究と、それらを基とした生殖工学技術の開発を行っています。 詳細はこちら 

ブタの顕微受精の写真

(写真:ブタの顕微受精の写真)

家畜飼養学

— 飼料と栄養 —

草食動物のウシやヒツジは、食べ物の利用の仕方がわたしたちヒトとはかなり異なり、草だけ食べていても乳や肉を生産することができます。いろいろなえさに含まれる栄養分が、動物の体の中でどのように吸収・代謝されて肉やミルクになっていくのか、またその過程がホルモンによってどのように調節されているのかを、実際にウシやヒツジに接しながら学び、動物を健康的に飼育するために必要な栄養管理の知識や技術を習得します。 詳細はこちら 

羊の採血の様子

(写真:羊の採血の様子)

家畜管理学

— 環境と生理・行動 —

快適な環境で飼育された健康な動物からの生産物は、食の安全・安心へとつながります。そのためには、”動物にとって快適な環境とは何か”について動物のからだとこころのしくみについて理解することが重要です。私たちは、飼育環境に対する動物の体調の変化や気持ちの変化について生理学的観点から研究しています。 詳細はこちら 

ホルモン測定

(写真:ホルモン測定)

家畜生体機構学

— 体の構造と機能 —

動物の体の機能を知ることは、乳や卵を生産するメカニズムを明らかにするために重要です。また、動物の健康を維持することは、細菌などの汚染を防いで安全な生産物を効率よく得るために欠かせません。このためには、生体防御の機構を解明することが重要です。私達は、ニワトリやウズラのような鳥類、ウシやヤギなどの哺乳類の体の構造と機能を学び、そして乳や卵の生産に必要なホルモンの働きや生体防御のための免疫機能の役割を研究しています。 詳細はこちら 

顕微鏡で卵巣組織を観察している様子

(写真:顕微鏡で卵巣組織を観察している様子)

瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター西条ステーション(農場)

— 人と家畜と自然との関係 —

ヒトと動物と自然の関係の修復は可能なのでしょうか?自然環境と調和した持続可能な家畜生産とは?当研究室ではフィールドに根ざした研究を通して、家畜(主に乳牛)、野生動物、伴侶動物(ペット)との共生について学べます。具体的には、持続可能な21世紀型農業の実現、動物福祉に基づく家畜管理の改善、野生動物による被害と人間生活、学校飼育動物の福祉の改善と動物介在教育の促進等に取り組んでいます。 詳細はこちら 

農場実習

(写真:農場実習)


up