研究科長挨拶

総合科学研究科長挨拶

総合科学研究科長 岩永 誠

総合科学研究科は、学際総合研究とそれに基づく教育を展開する、新しいタイプの大学院です。「総合科学」は、従来の研究分野に代わる新分野だけを指すのではなく、狭い研究分野の壁を突破して文理の枠を超えて異分野と積極的に協同していく科学の動的な手法をも意味するのです。 
もちろん、特定領域の専門性を追究することは大切であり、これまでにも数多くの素晴らしい成果の元、人類の発展に寄与してきました。しかし学問の専門深化は、ともすると果てしない細分化に陥って他の研究分野とのつながりを失い、時として独善的になることもあり、現代の複雑な問題に対処することができなくなってしまいます。
この弊害を克服するために設立されたのが本研究科です。本研究科の学生は、重点的に取り組む専門分野を基盤として異分野へと越境し、異分野と協同する「重点的ジェネラリスト」となることを使命とします。異分野の知に関心を向け、その概要を知るとともに考え方や方法を理解できることで自らの視野を拡げ、ものごとを総合的に判断できる能力を獲得することに加え、自らの方法を柔軟に見直すことのできる態度を身につけてほしいと思います。
現代の高度に複雑化・多様化した諸問題の解決には、あらゆる文化的・科学的英知を結集した総合的・包括的視野が求められます。そのような難問に挑戦する意欲を持った総合科学を実践する「重点的ジェネラリスト」が育っていくことを私たちは期待しています。

(岩永 誠研究科長・2018年度 研究科案内より)


up