• ホームHome
  • 東京オフィス
  • 広大OB田中太郎~リアルを語る~第10弾 「はっきり言いますと、出世したいです。」

広大OB田中太郎~リアルを語る~第10弾 「はっきり言いますと、出世したいです。」

Q はっきり言いますと、出世したいです。

A いいですねぇ、人間、このように正直でありたいものです。
会社員、組織人となったからには、出世することは最大の目標といっていいでしょう。出世すれば、給料は上がるし、権限も大きくなる。自分の裁量でビジネスができるようになるので、仕事のおもしろさは比較になりません。
しかし、いまどきの会社、年功序列はなくなっていると思った方がいいです。仮に年功序列が残っていたにしても、その中でも明らかな勝ち負けがある。仕事と私生活の充実を求めるのであれば、出世できるように人生を積み重ねなければなりません。

では、どうするか。
出世の階段を上るには、それぞれの段階で求められる能力や経験があります。これをキャリアパスと呼びます。出世の秘訣とは、このキャリアパスを見極めることです。
もちろん、このキャリアパスは企業や組織それぞれの事情が色濃く反映されていますので、ケースバイケースではあるのですが、普遍的なものも存在します。最低限、そこを外してはいけません。
それは「組織を運営する能力」です。

 

ビジネスマンに英語が必要だ、パソコンが使えなくてはならない、財務諸表がどうの、、、などとあおる内容の書籍が本屋に並んでいますが、まったく気にする必要はありません。こうした個の能力は、たとえて言えば、将棋の駒の能力に過ぎません。つまりは現場の平社員が日々仕事を処理する能力のことですね。
出世とは、将棋の駒を動かす立場になることです。現場で動く社員をチームとしてまとめ、より大きな単位で仕事を処理する責任者です。
さらに出世したら、そのチームをいくつも動かす立場になり、最後は、会社という組織全体での収益の向上、業容の拡大と存続を指揮することが求められます。

 

組織を運営する場合に、当然、現場の知識は必要でありますが、処理能力自体は問われません。
現場の問題解決には、できる人間を現場に配置すれば済むからです。上に立つ人間に求められるのは、その「できる人間」を集め、最大のパフォーマンスを発揮できるように、場を作り、配置することなのです。
その意味で、出世した人間の現役時代の能力って、そんなに高いものではなく、むしろ平均的であることの方が多いのです。
社長の昔を知る人間が「あいつは昔、ダメなやつでさぁ」という声を聞くことは少なくありませんが、それは別にやっかみではなく、社長になった人の能力、つまりキャリアパスは別のところにあったということなのです。
私の知り合いに、世界的企業で部下が2000人いるって出世頭がいますが、英語なんてほとんどできません。
でもね、と彼は言います。
「部下がこれだけいれば、英語だけじゃなく中国語もフランス語もロシア語もエキスパートがいるから彼らにやらせればいいんだよ」。
個と組織の違い、分かっていただけますでしょうか。

 

では、どうしたら組織を運営できるようなるか、ここが肝ですね。
組織は何人もの人で構成されています。あなたも同じでしょうけど、信頼できる人のためなら一所懸命になれるでしょうが、いやなやつのために力を発揮できるでしょうか。信用できない人の下で、リスクをとれるでしょうか。
ないですね。
答えはここにあります。組織を運営するためには、まずはあなたが他人から信頼されるような人間になることです。どこでも同じですが組織にはいろんな人がいます。それを個人的な好き嫌いで判断しては、組織は運営できません。構成員を選ぶことはできないのです。価値観が違う人とも最低限の信頼関係を構築できるかどうか。組織を運営する能力の核心はこれです。
なに、まだよく分からない? では、だれでもできる方法をお教えしましょう。
信頼関係づくりはコミュニケーションから始まります。相手が何を考えているか、自分の思いは何か。それをきちんとやりとりできる能力と言い換えることができます。

 

大手食品会社の副社長が講演でこんなことを言っていました。
「コミュニケーション能力とはね、突き詰めれば聞く能力のことですよ」
マジでそう思います。
どんなつまらない話でも、どんなゆがんだ考えでも、まずは傾聴する。そこではじめて相手は心を開くのです。聞く姿勢を学ぶことから出世の階段が広がっていくと信じて間違いありません。

超短気でわがままな私にはとても無理です。これまでも、そしてこれからも

(田中太郎)

 

※広大OB田中太郎さんにご質問ある方は、以下の連絡先にお問い合わせ下さい。↓

<お問い合わせ先> 
広島大学東京オフィス                    
Tel 03-5440-9065  Fax 03-5440-9117
E-mail  liaison-office@office.hiroshima-u.ac.jp(@は半角に変換してください)


up