バイオデザインとは

バイオデザインとは

背景

少子高齢化,働き方の多様化,グローバル化,IT技術の進展による環境変化で,従来型の知識によらない,イノベーションによる新たな市場創造と,ライフスタイルを変えるサービスや商品の開発が求められています。

一方,医療機器ビジネスを取り巻く環境は,医療の高度化や各国における医療需要の拡大などを背景に,世界の医療機器市場は高い成長率を維持しており,日本でも革新的な医療機器の研究開発など医療機器産業の振興が図られています。

概要

バイオデザインは,米国スタンフォード大学のポール・ヨック博士らが開発した医療機器開発のための実践的な人材育成プログラムです。これまでに,インド,シンガポール,アイルランド,イギリスで導入され,さらには中国やブラジルなどで導入が検討されるなど,世界中に展開され,20年にわたる実績があります。

ビジネスにイノベーションをもたらす手法であるデザイン思考を用いて,医療現場観察に基づく潜在的なニーズの探索から,コンセプト創造、事業化までステップをプロセス化し,世の中に本当に必要とされている医療機器の開発手法を習得することができます。

プログラムでは,医療従事者,デザイナー,エンジニア,経営企画・管理,ファイナンスなど異なるバックグラウンドから多様性のあるフェローチームを編成し取り組みます。

国内の状況

我が国では,一般社団法人ジャパンバイオデザイン協会が中心となり,東北大学・東京大学・大阪大学において既に3期のフェローシッププログラムが修了し,現在4期目が開講しているところです。

これまでに,スタートアップ3件,バイアウト1件という成果があがっています。


up