「広島大学が躍動し広島の地を活性化させる基金」とは

1874年(明治7年)創立の白島学校を源流とする広島大学は、140年有余年に亘り多くの人材を輩出し、地元広島はもとより全国津々浦々での卒業生の活躍により我が国の発展に大きな貢献をして参りました。来る2024年は広島大学の創立75周年であり、その前史である75年も加えると150年という節目の年に当たります。

これまで、昭和56年度に始まる東広島市への統合移転や平成16年の法人化という大きな荒波を乗り越えて現在に至っております。

近年では、平成25年度に文部科学省の研究大学強化促進事業の研究大学に選定されたほか、平成26年度にはスーパーグローバル大学創成支援事業タイプA(トップ型)に選定されました。世界大学ランキングトップ100を目指す力のある大学として本学がよりグローバルな大学へと成長していくことが期待されています。

その期待に応えるべく本学は長期ビジョンであるSPLENDOR PLAN 2017を策定し、「100年後にも世界で光り輝く大学」を目指して全力を挙げて大学改革に取り組んでおります。

このたび広島大学75+75周年に向け「広島大学が躍動し広島の地を活性化させる基金」を設立することといたしました。これは広島大学が躍動できる環境を構築し、地域や実業界との協働を強化して、世界に冠たる広島大学の発展を実現させるため、以下の事業を行うことを目的として寄附募集をおこなうものです。

これらの事業を通して躍動していく広島大学を地元広島の方々が最大限に活用され、本学と実業界の方々や地域の方々が共に集い、若い人々の活動の場が増え、もって広島の地が活性化することを目指しております。


up