基金の主な活用方法

チャレンジする国際教養人を育成するために

海外経験の少ない学部生を対象に、海外協定大学での授業や生活を体験させることを通じて、学生の世界で通用する人材として必要となる能力(グローバル・コンピテンシー)の向上を目指しています。皆様のご支援をお願いいたします。

STARTプログラム

学部1年次生を対象としたプログラムで、海外経験の少ない学生に対し、協定大学での授業や生活を体験させます。より多くの学生が留学の経験を通じ、社会が抱える課題や招待の課題の解決に向けて積極的に挑戦し続ける人材となるよう支援しています。

STARTプログラム

関連記事

START+プログラム

学部2年次生、3年次生を対象としたプログラムで、協定大学での授業や生活を体験させます。より自律的な学生の学習を重視した授業を行います。多くの学生が留学の経験を通じ、社会が抱える課題や招待の課題の解決に向けて積極的に挑戦し続ける人材となるよう支援しています。

START+プログラム

関連記事

学生からの感謝の声

私達の留学のためにご支援を頂き、本当にありがとうございます。私は、皆さんのご寄附なしではプログラムに参加することができず、リトアニアの文化、悲劇の歴史を知る事はできませんでした。皆さんからのご寄附は、他の学生が体験する事とは違うものを私に与えてくださいました。例えば、24時間かけて日本から遠く離れた地へ赴く翼を、2週間不自由なく生活できる環境を、何よりかけがえのない「知る機会」を頂きました。なぜ杉原千畝が領事館に勤めることになったのか、なぜリトアニアが他国に占領され、どのように独立を勝ち取ったのか。これらの知識はまだ断片的ですが、将来の私の糧になると信じています。ご支援頂いたことについては感謝しきれないほどであり、その思いが伝われば幸いです。

(工学部2年(インタビュー当時))
 


up