ドリームチャレンジ賞

ドリームチャレンジ賞とは

大学の大競争時代を迎え、国立大学法人といえども大学の存在そのものが問われている中、『広島大学校友会』は「大学に活気」 を「学生に活力」を生み出してもらいたいと願い、学術・文化・スポーツ等における学生の自主的な活動に活動資金を支援しています。これは『広島大学同窓会』が平成17年に「ドリームチャレンジ賞」として創設し、現在は校友会がそれを引き継いでいます。
これまで計12回実施した結果、409件の応募があり、厳正な選考の結果、351件の提案に対して活動資金5,736万円を助成しております。
未来社会を担う広大生は、社会の環境変化に一層関心を持ち、学生自らが主体的に学問に取り組み、「人類社会への貢献」という高い志を持ち、これから遭遇する様々な困難を克服できる人間に成長できるよう願っています。

応募から報告会までの流れについて

ドリームチャレンジ賞の応募から報告会までの流れを、審査委員長と受賞経験者のアドバイスをもとにシミュレーション。参考にご覧ください!! 
(校友会だより第23号掲載記事)


up