オリーブ
  • ホームHome
  • 附属福山中・高等学校

本校の概要

 本校、広島大学附属福山中・高等学校は、本校がある福山を中心とする地域のみならず、全国的にもトップレベルの教育を実践する学校として、広く認知されています。長い歴史の中で、多方面にわたって中心的な役割を果たす人材を多く輩出し、地域の中での位置づけが確立しています。本校は、自由・自主・自立・自律の精神を追及し、日本と国際社会の第一線をリードする人材の育成を学校の教育目標に掲げています。「ベルもチャイムの鳴らない学校」は、生徒の自主性に重きを置き、生徒自身の判断で行動するという教育方針を代表するものとして広く知られています。全国に先駆けて中・高6ヶ年一貫教育に取り組んだ学校であり、学習内容だけでなく校内運営、教員の教科担当、学校行事、生徒指導、クラブ活動などあらゆる活動が中高一体のものとして進められています。一貫した研究開発を継続しており、現在は文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール」の指定を受けて、グローバル社会をリードする人材を育成するカリキュラムの開発に取り組んでいます。平成29年に行われた中間評価でも高い評価を受けました。

旧ホームページ

本校の旧ホームページはこちらです。


up