インフルエンザ等の感染症による出席停止について

医師により下記の感染症と診断された場合の欠席は,出席停止扱いになりますので速やかに学校に連絡して下さい。出席停止の期間は感染症によって異なりますので,医師の指示に従い,家庭にて療養してください。

出席停止期間が終了し,登校する場合には,次の書類を担任に提出してください。書類は担任または保健室から受け取るか,ホームページからダウンロードしてください。

  • 現在,コロナウィルス拡大防止のための欠席について,出席停止扱いの対応を取っています。回復後に登校した際にHR担任に申し出て,届(自宅静養届)の様式を受け取ってください。届は保護者の方が記入して,登校後1週間以内に提出してください。

 

学校において予防すべき感染症の種類(「学校保健安全法施行規則」より)

第一種 エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘そう,南米出血熱,ペスト, 
マールブルグ病,ラッサ熱,急性灰白髄炎(ポリオ),ジフテリア, 
重症急性呼吸器症候群(SARS),中東呼吸器症候群(MERS)
特定鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9)
第二種 インフルエンザ(特定鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く)
百日咳,麻しん, 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ),風しん,水痘(みずぼうそう),
咽頭結膜熱,結核,髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフス, 
流行性角結膜炎,急性出血性結膜炎,その他の感染症 

※その他の感染症(医師の判断に基づいて出席停止の対象になる場合もあります。)

 


up