【2022/6/30開催・オンライン・要申込】広島大学先端科学セミナー「バイオ燃料開発のための微細藻類におけるゲノム編集技術」を開催します

「“ゲノム編集”で未来社会を拓く」と題して、広島大学の強みであるゲノム編集技術に関する取り組みを紹介し、ゲノム編集の可能性について全4回のセミナーでわかりやすく解説します。

第1回のテーマは「バイオ燃料開発のための微細藻類におけるゲノム編集技術」です。

参加は無料で、一般の方もご参加いただけます。

ゲノム編集技術の開発と産業利用などに興味を持つ皆様のご参加をお待ちしています。

日時

2022年6月30日(木) 18:30~19:30

開催形式

ウェブセミナー(ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナー)
(※)お申込み完了後、開催前日までに参加用URLをご連絡いたします。

テーマ

「バイオ燃料開発のための微細藻類におけるゲノム編集技術」

講師

栗⽥ 朋和( 広島⼤学統合⽣命科学研究科 特任助教)

概要

微細藻類は光合成をする⽔棲の微⽣物であり、光合成により⼆酸化炭素を吸収して多量の油脂を蓄積します。この油脂を変換して得られる藻類バイオディーゼルは⼆酸化炭素を増やさない次世代の再⽣可能燃料として期待されていますが、製造コストが⾼いことなどの問題もあります。今回のセミナーでは藻類バイオディーゼルを実⽤化するための取り組みとして、ナンノクロロプシスという微細藻類におけるゲノム編集を⽤いた分⼦育種技術を紹介します。

対象

企業・行政機関のご担当者、広島大学出身者、ご関心のある一般の方々

参加費

無料

お申し込み方法

申込みフォーム(https://forms.gle/CjeE4U1Cj3KWC9j56)に必要事項をご入力ください。
(※)受講者数に限りがございますので、申込多数の場合は先着順とさせていただきます。

申込締切

2022年6月28日(火)
(※)申込締切後、上記申込みフォームは利用できなくなります。

【お問い合わせ先】
広島大学コラボレーションオフィス

TEL: 082-424-4676、6819
E-mail: leading-program*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up