【2020/2/9開催・要申込】ふくしま県民公開大学「ふくしまで歩む 未来へつなぐ」を開催します

広島大学、長崎大学、福島県立医科大学によって2016年4月に設置されたネットワーク型拠点「放射線災害・医科学研究拠点」は、2020年2月に「第4回ふくしま県民公開大学」を福島県郡山市で開催します。

「ふくしまで歩む 未来へつなぐ」をテーマに、拠点内で実施している共同利用・共同研究の成果発表等を県民の皆さんと共有することにより、今後の復興の一助とすることを目指します。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

日時

 2020年 2月9日(日) 13:00 ~15:15 (12:30開場)

会場

 郡山市中央公民館 多目的ホール
 (福島県郡山市麓山1-8-4)

主なプログラム

●セッション1 ふくしまで歩む
 1.筑波大学 准教授 五十嵐 泰正 氏
  「『食』から考える原発事故後の市場と社会」

 2.郡山女子大学 准教授 岡部 聡子 氏
  「小学生の『食選択力』の育成」

●セッション2 未来へつなぐ
 1.福島県立医科大学 助教 石井 佳世子 氏 
  「福島で子どもを産み育てる、お母さんへのメッセージ」

 2.福島県立医科大学 助教 竹林 由武 氏 
  「福島に生きる幸せ:イキイキとした生活を支える心理学」

参加

 入場無料 [定員300人]
 一般・学生・職業等問わず皆様のご参加をお待ちしています。

申込方法

 2020年2月5日(水)まで 〔事前登録制〕 
 下記専用フォームよりお申込みください
 https://www.fmu.ac.jp/univ/inv/
 ※ 定員に達した場合は、締切日前に受付を終了させていただきます。

主催

 放射線災害・医科学研究拠点  (福島県立医科大学・広島大学・長崎大学)

【お問い合わせ先】
福島県立医科大学 事務局 医療研究推進課 研究推進係
電話 024-547-1794 / FAX 024-581-5163


up