応用化学専攻では

有機化学から無機・分析化学,反応理論に関する幅広い化学専門教育を行い,物質の物性・構造・反応性等の分子レベルでの解析,および機能性新物質の設計・開発を通じて,これを新しい化学システムに結びつける能力を修得するとともに,環境に安全な分子・反応の設計から環境調和型プロセスの開発に至る化学的アプローチができる研究者・高度技術者を育成しています.博士課程後期では,前期で修得した基礎知識をベースとして,より高い視点から問題を解決できる研究開発能力を身につけ,独創的な研究計画を策定でき,指導者として国際的に活躍できる高度専門技術者および研究者を養成しています.

応用化学専攻の歴史はこちら


up