広大発ベンチャー企業(株)ミルテルがニッポン新事業創出大賞アントレプレナー部門で最優秀賞を受賞しました

広大発ベンチャー企業である株式会社ミルテルが、2016年11月25日、公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会主催の『第11回ニッポン新事業創出大賞』のアントレプレナー部門で最優秀賞(独立行政法人中小企業基盤整備機構理事長賞)を受賞しました。

受賞者記念写真

表彰式の様子

株式会社ミルテルは、広島大学大学院医歯薬保健学研究院・細胞分子生物学研究室田原栄俊教授の研究成果を実用化するべく2012年9月に起業した大学発ベンチャー企業です。
田原教授らの研究グループの研究成果である染色体末端(Gテール)の長さを測定する技術を活用し、未病状態を検査し生活習慣を改善する受託検査(テロメアテスト)と、血液から癌やアルツハイマーの超早期発見の受託検査(ミアテスト)を行っています。

このたびの受賞では、癌体外診断検査による市場が急伸する中、超早期癌の発見を可能にすることによって、患者の治癒率の改善と医療費削減に貢献する可能性のあるベンチャー企業として評価いただきました。

受賞について、田原教授は、「基礎研究の成果をベンチャーの創設という形でスタートして、これまでにない世界オンリーワンのユニークな検査の実用化が評価されたものと思います。未病検査と早期発見検査を行うユニークな検査で、病気にかかりにくい身体作り、病気になっても早期発見して元気な生活を持続できる社会の構築に貢献できることを期待しています。これからも更に高精度なバイオマーカー開発と革新的な創薬研究を推進してまいります。10年後に、世界の健康長寿イノベーションに大きく貢献できる企業に成長してほしいと願っています。」と話しています。
 

【お問い合わせ先】

株式会社ミルテル 総務部部長 松尾宗弘
info*mirtel.co.jp(注:*は半角@に置き換えてください)

広島大学社会産学連携室広報部広報グループ
koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up