• ホームHome
  • 附属学校
  • 附属幼稚園の園児たちが理学部生らと学内の田んぼで稲刈りを行いました

附属幼稚園の園児たちが理学部生らと学内の田んぼで稲刈りを行いました

10月22日、附属幼稚園の園児たち25人が、技術センターの職員と理学部・理学研究科の学生11人の指導を受け、広島大学生態実験園の田んぼで稲刈りを行いました。

この稲刈り体験は、田植えとともに附属幼稚園の教育活動の一環として、毎年、年長の園児たちによって行われています。

5月に植えた古代米(黒米)と日本米(あきろまん)。稲刈りの前に、生の古代米を味見した園児たちは「苦い」「甘い」など、思い思いに感想を言い合いました。

塩路恒生技術専門員から鎌の持ち方や渡し方、稲の刈り方などの説明を受けた後、グループに分かれて、順番に田んぼに入りました。ぬかるみに足をとられたり、恐る恐る稲に手を伸ばしたり、初めての体験にさまざまな反応を見せていました。慣れてくると「まだやりたい!」と言う声も聞こえてきました。

この田んぼは、75平米あり、理学部が東広島市に移転した際には、放棄された荒地でしたが、キャンパスに残された貴重な自然環境を有効利用し、教育研究に生かすことを目的に、1992年に理学部の教員と植物管理室の職員により整備されたものです。

塩路技術専門員からの説明を聞く園児たち

「生のお米を食べてみよう」

上手に鎌を使っていました

学生たちと一緒に

刈った稲をまとめる作業も

自分で刈った稲を持って記念撮影

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL:082-424-6131


up