• ホームHome
  • 附属学校
  • 附属幼稚園の園児たちが学内の田んぼで稲刈りを行いました

附属幼稚園の園児たちが学内の田んぼで稲刈りを行いました

稲を刈り取る園児

10月30日、附属幼稚園の園児たち26人が、技術センターの職員の指導を受け、広島大学生態実験園の田んぼで稲刈りを行いました。

この稲刈り体験は、田植えとともに附属幼稚園の教育活動の一環として、毎年、年長の園児たちによって行われています。

5月に植えたのは古代米(黒米)と日本米(あきろまん)。稲刈りの前に、生の古代米を味見した園児たちは「甘い」「美味しい」などと声を上げながら、殻をむいて香りをかいだり、かじったりしながら楽しんでいました

塩路恒生技術専門員から鎌の持ち方や渡し方、稲の刈り方などの説明を受けた後、グループに分かれて、順番に田んぼに入りました。ぬかるみに足をとられたり、恐る恐る稲に手を伸ばしたり、初めての体験にさまざまな反応を見せていました。慣れてくると「まだやりたい!」と言う声も聞こえ、刈った稲を運ぶ作業にも積極的に取り組んでいました。

この田んぼは、75平米あり、理学部が東広島市に移転した際には、放棄された荒地でしたが、キャンパスに残された貴重な自然環境を有効利用し、教育研究に生かすことを目的に、1992年に理学部の教員と植物管理室の職員により整備されたものです。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、理学部・統合生命科学研究科の学生の補助はありませんでしたが、来年以降も生態実験園での田植え・稲刈り行事を継続していきます。

塩路技術専門員からの説明を聞く園児たち

塩路技術専門員からの説明を聞く園児たち

「生のお米を食べてみよう」

「生のお米を食べてみよう」

上手に鎌を使っていました

上手に鎌を使っていました

刈った稲を受け取る園児たち(1)

刈った稲を受け取る園児たち(1)

刈った稲を受け取る園児たち(2)

刈った稲を受け取る園児たち(2)

みんなで協力して稲を運びました

みんなで協力して稲を運びました

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL:082-424-3701
E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up