ベトナム・ホーチミン市人文社会科学大学の「皐月祭り」に参加しました

平成29(2017)年5月27日、ベトナム国家大学ホーチミン市校人文社会科学大学にて開催された日本学部文化祭「皐月祭り」に参加しました。

広島大学は平成22(2010)年にベトナムとの教育・学術交流を推進するために、人文社会科学大学内に広島大学ベトナムセンターを設置しており、同大学が実施する「皐月祭り」の開催に対しても積極的に協力しています。

開会式では「皐月祭り」を主催する日本学部のNguyen Tien Luc学部長(広島大学ベトナム校友会長)からの挨拶と本行事のプログラム案内に続き、人文社会科学大学Vo Van Sen学長及びスポンサー代表からのスピーチがありました。

その後、日本の企業で認められるには何をするべきかについての講演、日本文化理解コンテスト(作文コンテスト)の授与式等が行われました。午後からは学生の歌や踊りの多彩なパフォーマンスが行われ、学生達が練習の成果を披露しました。

昼休みには日本留学や日本文化等の展示・紹介ブースが設置され、広島大学からも大学紹介や留学の説明、日本文化の紹介などを行いました。日本文化の紹介としては緑茶の試飲・折り紙の実演と体験等を行いました。ブースを訪れた学生達は、折り紙でベトナムの国花である蓮やブックマーク等を作成していました。

広島大学では学部1年生を対象とした留学プログラム「STARTプログラム」において、毎年約20-30人の学生を人文社会科学大学に派遣して現地教員による講義の受講や両大学間の学生同士の交流を積極的に進めています。毎年行われる「皐月祭り」への参加やSTARTプログラムの実施等を通じて両大学間の相互交流が更に進展していくことが期待されます。

人文社会科学大学日本学部Nguyen Tien Luc学部長

広島大学ブースの様子

学生達によるパフォーマンス

【お問い合わせ先】
広島大学国際交流グループ
TEL: 082-424-4575


up