計量生物

吉永 信治 教授

【研究キーワード】
放射線疫学、原爆被爆者、健康影響、リスク評価、統計解析

【最近のハイライト】
カザフスタン共和国のセミパラチンスク核実験場周辺住民を対象とした調査研究を海外の研究機関との共同で実施し、低線量放射線の健康影響評価の観点からとりまとめた結果を学術誌に公表しました(Yoshinaga et al. Jap J Health Phys, 53(3), 163-168, 2018, Apsalikov et al. Radiat Environ Biophys 58, 1-11, 2019)。

【計量生物研究分野】 

氏  名 職名
吉永 信治 Shinji YOSHINAGA 教授

 

【教育内容】
疫学研究をはじめとした医学・生物学分野における研究デザインや、統計的手法を使ったデータ解析法の習得が中心となります。
博士課程進学者は、下記のような研究内容からテーマを選び、4年間で博士を取得するとともに、将来は、関連分野における国内外の研究・教育機関等で、疫学や生物統計学の専門家として活躍することを目指します。

【研究内容】
 1. 疫学データに基づく長期被ばく・分割被ばくの健康影響に関する研究
 2. 放射線によるがんおよび非がん疾患リスクのシステマティックレビューに関する研究
 3. 原爆被爆者における放射線の健康影響評価に関する研究
 4. 放射線の疫学データに対する統計解析手法の開発と適用に関する研究


up