腫瘍外科

岡田 守人 教授

【研究キーワード】
外科腫瘍学、食道癌、肺癌、乳癌、中皮腫、手術、内視鏡手術、胸腔鏡手術、化学療法、放射線化学療法、免疫療法、癌遺伝子、PET、バイオマーカー、リキッドバイオプシー

【最近のハイライト】
血液などの体液中のマイクロRNAは癌の診断マーカーとして使えるのではないか、と注目されております。当科の膨大な癌症例において、血液中のマイクロRNAのデータと臨床情報を解析することにより、血液を用いた新規バイオマーカーの探索やその有用性を探索しています。

【腫瘍外科研究分野】 

氏  名 職名
岡田 守人 Morihito OKADA 教授
宮田 義浩 Yoshihiro MIYATA 准教授
角舎 学行 Takayuki KADOYA 講師
恵美 学 Manabu EMI 助教
津谷 康大 Yasuhiro TSUTANI 助教

【教育内容】
腫瘍外科学、特に肺癌、乳癌、食道癌を中心に診断学、治療学の実際を、各自1人の患者を受け持ち、指導医の下で実際に患者と接しつつ学習することを目標としています。研究面では、がん治療の進歩に貢献すべく、基礎および臨床両面から研究を進めています。研究は着実に成果をあげ、国内外の評価を得つつあり、論文、学会発表数は年々増加しています。

【研究内容】

  1. 外科的治療:肺癌に対する胸腔鏡手術、小型肺癌に対する根治的縮小手術、肺全摘を回避し肺機能温存を目的とした気管支・血管形成術、食道癌に対する食道癌根治手術・胸腔鏡手術、乳房温存手術、乳癌に対するセンチネルリンパ節生検、内視鏡を用いた乳房切除
  2. 集学的治療:各種癌に対する術前・術後補助化学療法、悪性胸膜中皮腫に対する胸膜肺全摘術を含めた集学的治療、食道癌に対する化学放射線療法、抗癌剤耐性、biochemical modulation、分子標的治療
  3. がん遺伝子 および遺伝子療法:がん遺伝子、遺伝子診断による悪性度評価、がんの微小転移の検出とその有用性の検討
  4. 病態研究:がん患者のquality of life、手術侵襲、担がんと免疫(抑制因子、リンパ球ホーミングパターン、T細胞受容体、センチネルリンパ節と非センチネルリンパ節の免疫学的評価)、増殖因子と受容体、予後因子
  5. 診断:マンモグラフィ、エコー、CT、MRI、PETおよび乳房PETを用いた乳がんの広がり診断、センチネルリンパ節生検による転移診断
  6. 被爆がん患者の特異性の解析

【写真説明】 肺癌・食道癌・縦隔腫瘍に適応しているRATS (Robot-Assisted Thoracic Surgery)

【写真説明】 定期的に行っている初期研修医のための手術手技セミナーで

【写真説明】  医局の風景


up