[研究成果]エネルギー代謝を司る 褐色脂肪細胞の働きを調節する新規経路の発見 ~肥満治療へ新しい可能性~



広島大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程を平成26年9月に修了した浅田梨絵氏(現 日本学術振興会特別研究員PD)、広島大学医歯薬保健学研究院今泉和則教授らの研究グループは、褐色脂肪細胞の働きを活発にする細胞内の新しい情報伝達経路を発見しました。褐色脂肪細胞は体内のエネルギー代謝に重要な働きがあることから、この発見はエネルギー代謝を調節する新薬の標的を提供するものであり、新しい肥満治療法開発に繋がることが期待されます。

平成27年11月16日に広島大学霞キャンパスで、本研究成果の記者説明会を開催しました。


記者会見の様子(浅田研究員)

【主な研究成果のポイント】

1. 褐色脂肪細胞の働きを活発にする細胞内の新しい独立した情報伝達経路を発見。

2. エネルギー代謝を調節する新規肥満治療法開発に繋がることが期待される。

エネルギー代謝が悪い人

エネルギー代謝が悪い人
褐色脂肪細胞の働きが悪いと、余分な栄養が白色脂肪組織に蓄えられるため、白色脂肪細胞が大きくなり、細胞数も増加する。
褐色脂肪細胞 白色脂肪細胞

論文:IRE1α-XBP1 is a novel branch in the transcriptional regulation of Ucp1 in brown adipocytes.

著者:Asada R*., Kanemoto S., Matsuhisa K., Hino K., Cui M., Cui X., Kaneko M., and Imaizumi K*. *: Corresponding author

掲載雑誌:Scientific Reports, 2015

DOI: 10.1038/srep16580

公開日: 2015年11月16日午後7時(日本時間)

【お問い合わせ先】

広島大学大学院医歯薬保健学研究院基礎生命科学部門

医学分野 分子細胞情報学

日本学術振興会特別研究員PD 浅田 梨絵(あさだ りえ)

Tel:082-257-5131

FAX:082-257-5134

E-mail:rieasada*hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up