同窓会会長挨拶(2021年)

同窓会の皆様へ

昨年はコロナ・コロナで1年が暮れました。大学の全体の行事もなく、ホームカミングデーのみ人数を制限して執り行なうことが出来ました。同窓会としての行事もなく寂しい1年でした。
今年はワクチンが行き渡り、このパンデミック状態が収まり、世界からマスクをしなくて済む日が早く来てほしいものです。
昨年は医学部同窓会広仁会の65周年で先般、広仁会長であった人、医学部出身の3学長の対談が予定されていましたが、予定の人の中に濃厚接触者が出て中止延期となりました。この1月には出来るでしょう。

広島は1日のコロナ感染者数が急増し、知事さんも緊急対策を取らねばならないかもしれません。
ぜひとも早く感染が収まり、世界が平和で希望のある世の中になって欲しいものです。

私が担当しているサタケ基金も、若手研究者にこの24年間に、1億7千万円を助成できました。
またサタケホールも平成15年5月竣工から19年になるので、修理の場所がでてき始めました。そこで佐竹利子代表にお願いして、この度、毎年の修理費1億円、これから10年間で10億円をいただきました。

皆様、コロナに感染しないよう、静かにお過ごしくださり、令和3年が広島大学にも皆様にも希望ある年になりますことお祈りいたします。

広島大学同窓会長、名誉教授
原田康夫


up