センター報告

広島大学大学院統合生命科学研究科 瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告                     [オンライン] ISSN 2435-0664

センター報告の電子化について

瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告(センター報告)は,平成29年度第15号より印刷冊子体を廃止し,「電子化」いたしました。これまで通り編集は,センター報告編集委員会が担当し,内容については原著論文・短報・報告,組織,業務報告,研究報告等と変更はありません。
なお,研究科名称変更に伴い,令和元年度第17号より「広島大学大学院統合生命科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告」と名称をあらためました。

第17号

  • 第17号(全体版)(令和元年11月発行)
    (PDFファイル 1.68MB)
  • 報告
    • 広大農場で牛糞を材料として調整した戻し堆肥における品温の変化と細菌数
      山口哲平・沖田美紀
      (PDFファイル 182.84KB)
    • 広島大学附属農場(教育関係共同利用拠点)で開講している「食農教育」の指導方法の検討
      妹尾あいら・窪田浩和・木場有紀・谷田 創
      (PDFファイル 261.78KB)
  • 調査資料
    • カブトガニ生息地である曽根干潟沖合の2017年夏季の海洋環境,特に貧酸素水塊の有無について
      近藤裕介・平野勝士・伊豫岡宏樹・高橋俊吾・小池裕子・中口和光・山口修平・加藤幹雄・大塚 攻
      (PDFファイル 801.16KB)
  • 業務報告
  • 研究報告 (PDFファイル 326.23KB)

広島大学大学院生物圏科学研究科 瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告     [オンライン] ISSN 2432-8448 [冊子体] ISSN  2189-9436

第16号

  • 第16号(全体版)(平成30年11月発行/平成30年12月第2版発行)
    (PDFファイル 2.72MB)
  • 原著論文(査読有)
    • 広島県産カブトガニに関する生物学的記録:成体の表在生物2種および野鳥に捕食されたと考えられる幼体死骸
      近藤裕介・平野勝士・樫本賢一郎・米谷まり・藤 太稀・大塚 攻
      (PDFファイル 257.47KB)
    • 福岡県曽根干潟におけるカブトガニ幼体の密度と底質の物理環境特性
      飯田 健・近藤裕介・米谷まり・樫本賢一郎・藤 太稀・斉藤英俊・林 修・高橋俊吾・大塚 攻
      (PDFファイル 1.1MB)
  • 原著論文(査読無)
    • 広島大学附属農場(教育関係共同利用拠点)が他大学向けに開講する食農フィールド演習の教育効果の検証
      妹尾あいら・木場有紀・窪田浩和・谷田 創
      (PDFファイル 586.85KB)
  • 報告
  • 業務報告
  • 研究報告 (PDFファイル 217.1KB)

バックナンバー

 

第15号 第14号 第13号 第12号 第11号 第10号 第9号
第8号 第7号 第6号 第5号 第4号 第3号 第2号
第1号

 


up