西晋一郎の思想 -広島から「平和・和解」を問う-

衛藤 吉則 著

A5版 207頁 2018年1月31日刊行
2,900円+税
ISBN:978-4-903068-42-8

内容紹介

本書は、「京都の西田(幾多郎)、広島(文理大)の西」と称された倫理学者西晋一郎の思想を「平和・和解」の視点から読み解いたものである。
西は、戦前・戦中にわが国の国体論を導く一方、大戦末期に論語を題材に天皇陛下への御進講で、「食」や「兵」に比し「信」の重要性を訴えた。しかし、戦後は、西田の思想がひきつづき高い評価を得るのとは逆に、西の思想は、「国家主義的イデオロギー」の保持という漠たる指標のもと、意識的・無意識的に〈封印〉されていく。
本書では、西が中心に据える〈虚〉という概念に注目し、彼の思想を、戦前における東西の思想的蓄積と発展のうちに位置づけ直し、「平和・和解」理論としての可能性を問うた。第二部では、未整理であった広島大学所蔵の膨大な西晋一郎関連資料の目録をデータ化し収録した。

目次

第一部 理論編
 序論
 1.西思想への注目とその原風景
 2.西思想における「特殊即普遍のパラダイム」
 3.西思想の現代的意義
 4.ナショナリズムとの距離
 結論―西思想とナショナリズムとの関係ならびに「平和・和解」理論の可能性

第二部 資料編
 1.西文庫目録(広島大学所蔵)
 2.著作・講義・講演の分類
 3.関連文献(追想録、講義録復刻版など)
 4.縄田二郎氏寄贈図書類
 5.西晋一郎略年譜

書評

『西日本新聞』2018年7月28日、11面
『日本海新聞』2018年8月19日、7面
行安茂 岡山大学名誉教授「衛藤吉則『西晋一郎の思想―広島から「平和・和解」を問う―」、『イギリス理想主義研究年報』第14号、2018年、pp.56-58

 

書籍の購入

ネットストアで購入する
書店で購入する

広島大学生協 TEL: 082-423-8285
または、お近くの書店でご注文ください。


up