フランス大衆小説研究の現在

フランス大衆小説研究の現在

宮川朗子, 安川孝, 市川裕史 著

A5版 181頁 2019年9月20日刊行
1,900円+税
ISBN:978-4-903068-46-6

内容紹介

19世紀以降、安い値段で大量生産されたフランス大衆小説は、しばしば悪しき書物とみなされたが、広い読者層を熱狂させた。
学校教育の場で教えられたり、大学の文学研究の場で論じられたりしてこなかったために、本格的に研究が始まったのは1990年代のことである。
本書では、あまり開拓されていないこの分野に興味を持つ方のために、最近の研究動向と3点の楽しい論文に加え、フランス大衆小説を研究する上で読むべき参考文献と、フランスにおける大衆小説の歴史を見渡せる年表を巻末に収めた。
フランス大衆小説の世界とその研究状況が把握できる、コンパクトで便利な一冊である。

目次

はじめに                                           宮川 朗子
I.  フランス大衆小説研究動向 ― 1990年代を始点として ―         安川 孝
II.  大衆小説の「詩学」 ―「犠牲者小説」を中心に ―            安川 孝
III. エミール・ゾラ『マルセイユの秘密 Les Mystères de Marseille』 
―大衆性と文学的価値―                         宮川 朗子
IV. 大衆小説とパンクロック・カルチャー 
―パトリック・ウドリーヌとヴィルジニー・デパントの場合 ―    市川 裕史
おわりに                                                                宮川 朗子
大衆小説研究のための参考文献                                    
大衆小説年表                                                       
索引            

 

 

書籍の購入

ネットストアで購入する
書店で購入する

広島大学生協 TEL: 082-423-8285
または、お近くの書店でご注文ください。


up