疾患モデル解析

神沼 修 教授

【研究キーワード】
実験動物学、免疫学、遺伝子改変、体細胞クローン、人工染色体、T細胞、アレルギー

【最近のハイライト】
アレルギー疾患の主要な誘発アレルゲンであるダニ抗原に反応するT細胞受容体(TCR)を発現するCD4 陽性T細胞を使って、世界初のクローンマウスを作出することに成功しました(EMBO Rep, 18:885, 2017)。このマウスの作製に遺伝子改変操作は必要なく、2ヶ月という短期間で目的個体が得られたり、僅か3日で種々アレルギー病態が発症することに加え、さらに派生的に多くの特徴的な個体・細胞を任意に作出することも可能になりました。このT細胞クローンマウス技術を活用することにより、免疫学や放射線医学のブレイクスルーにつながる成果を期待しています。

【疾患モデル解析研究分野】 

氏  名 職名
神沼 修 Osamu KAMINUMA 教授
藤本 成明 Nariaki FUJIMOTO 准教授
中田 雄一郎 Yuichiro NAKATA 助教

教育内容
各大学院生に遺伝子改変マウス関連のテーマを与えて実験を行っている。

研究内容
最新の遺伝子改変/体細胞クローン技術を用い、放射線影響研究に役立つモデル動物の作出を進めると共に、免疫/アレルギー疾患における細胞/分子メカニズムの解明と新しい診断/治療法の開発に取り組んでいます。
 1)新規T細胞クローンマウスの作製と応用
 2)放射線影響細胞由来クローン動物の作製と解析
 3)ヒト疾患モデル動物の開発と解析
 4)抗原特異的過敏症の発症機構解明
 5)遺伝子改変米を用いた新規アレルギー疾患治療法の開発
 6)アレルゲン免疫療法における奏功機構の解析


up