幹細胞機能学

渡邉 朋信 教授

【研究キーワード】
光学イメージング技術開発、人工多能性幹細胞(iPS細胞)、放射線障害予測

【最近のハイライト】
2019年12月に着任。世界有数の光学イメージング開発技術を武器に、人工多能性幹細胞技術を併用した放射線障害予測技術の確立を目指します。

【幹細胞機能学研究分野 】 

氏  名 職名
渡邉 朋信 Tomonobu WATANABE 教授
仲 一仁 Kazuhito NAKA 准教授

【教育内容】
光学顕微鏡の使い方から作り方、画像解析に至るまで、生命科学研究における顕微鏡観察について包括的に教育する。ならびに、上記顕微鏡技術を用いた幹細胞研究について研究指導を行う。また、急性放射線障害による造血不全や晩発性放射線影響によるがん幹細胞の発生機構を解析し、 治療法の開発を目的とした教育研究活動を行っている(仲准教授)。

【研究内容】

  1. 先端光学顕微鏡と人工多能性幹細胞を用いた放射線障害の個人差に関する研究
  2. 放射線被ばくに対する造血幹細胞の機能維持とがん幹細胞の発生機構の研究(仲准教授)
  3. 放射線医科学研究分野における先端光学イメージング技術の開発


up