• ホームHome
  • 大学院理学研究科・理学部
  • 3/14(火)地球深部ダイナミクスセンター入舩教授による講演会「ナノ多結晶ダイヤモンド焼結体の超高圧合成とその応用」

                                                                             English website is here .

3/14(火)地球深部ダイナミクスセンター入舩教授による講演会「ナノ多結晶ダイヤモンド焼結体の超高圧合成とその応用」

3月14日(火)に愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター教授の入舩徹男先生による講演会を開催いたします。
詳細およびポスターは下記のとおりとなりますので、ふるってご参加ください。
〇詳細は下記のとおりとなります。
-----------------------------------------------------------
理学融合教育研究センター主催
愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター 入船 徹男 教授 による講演会
 
講演題目:「ナノ多結晶ダイヤモンド焼結体の超高圧合成とその応用」
講演者:入舩 徹男 先生
     (愛媛大学 地球深部ダイナミクス研究センター 教授)
     (広島大学 理学融合教育研究センター 客員教授)
日時:2017年3月14日(火)13:00-14:20 
会場:理学部E棟102講義室
 
内容:
 講演者は超高圧実験を用いた地球深部物質の研究をすすめるとともに、最近はその材料科学への応用に関する学際的研究にも取り組んでいます。ナノ多結晶ダイヤモンド(ヒメダイヤ)は講演者が中心となり、マルチアンビル超高圧合成技術を利用して生み出した「世界最硬」物質です。2012年には、超高圧領域での合成物質としては初めてとなる、微細加工工具等への製品化にも成功してしました。
 講演ではヒメダイヤの合成法と特性、開発の経緯、その応用についてお話します。また、同様の超高圧合成技術を用いて最近取り組んでいる、「透明ナノセラミックス」の合成についても触れる予定です。
 
 
問い合わせ先:理学融合教育研究センター(ri-yugo@hiroshima-u.ac.jp)
-----------------------------------------------------------


up