English website is here .

ロシアの大学生と広島大学生との交流プログラムを実施しました。

ロシアの大学生と広島大学生との交流プログラムを実施しました。

 理学研究科附属理学融合教育研究センターでは,令和元年7月31日から8月7日までの8日間,本学と協定を締結しているロシア連邦のオレンブルグ国立大学及びノヴォシビルスク国立大学から,5名の留学生を迎えて,理学融合教育研究センター授業科目「先端融合科学」を中心とするサマープログラムを実施しました。

 このプログラムは,平成25年度から毎年度実施しており,今回は理学部及び理学研究科の学生15人が「先端融合科学」を履修登録し,ロシア連邦のオレンブルグ国立大学から3名,ノヴォシビルスク国立大学から2名の留学生を特別聴講学生として受け入れました。

 学部学生は,理学部(理学融合教育研究センター)が開講している「先端融合科学」の講義に出席して,留学生と一緒に大学院理学研究科化学専攻および物理科学専攻の研究内容等に関する,英語による講義を受講しました。

 留学生は,日本語の特別授業に参加し,ひらがなの学習と日本の文化に関して学びました。同日午後に開かれた化学専攻と物理科学専攻の大学院生等との学生交流会にも参加し,双方の学生が一人5~10分程度で現在行っている研究内容や研究室の雰囲気などについて英語でプレゼンテーションを行い,交流を深めました。

 8月6日の平和記念式典に参加し,爆心地で何が起こったのかを知る貴重な機会となりました。その後,被爆者の方から原爆投下とその後の広島市内の被災状況,広島の復興などの体験を聞く会にも参加しました。

 その他に,マツダミュージアムやマイクロンメモリジャパンの東広島工場を見学しました。世界遺産である宮島にも訪れ,伝統的な日本の文化の一端に触れる良い機会となりました。

 大学に関しては,広島大学の放射光科学研究センターや東広島天文台の見学を行いました。さらに,化学専攻と物理科学専攻のいくつかの研究室を訪れ,広島大学の研究環境に触れる機会となりました。

 理学研究科では,今後もこのようなサマースクールを継続して実施する予定で,ロシアをはじめ,諸外国の学生に対し,広島大学への興味をより深めてもらい,海外学生の本学大学院への留学の実現に向けて進めていきたいと思います。  

 

【お問い合わせ先】 広島大学理学研究科支援室研究・国際支援担当 TEL 082-424-7314

先端融合科学の講義

学生交流会

東広島天文台の見学

宮島観光

集合写真


up