• ホームHome
  • 理学部・大学院理学研究科
  • 久世雅和さん(大学院統合生命科学研究科(数理生命科学プログラム)D3生)の論文が2021 HOT PCCP論文に選ばれました

                                                                             English website is here .

久世雅和さん(大学院統合生命科学研究科(数理生命科学プログラム)D3生)の論文が2021 HOT PCCP論文に選ばれました

大学院統合生命科学研究科(数理生命科学プログラム)博士課程後期3年 久世雅和さんの論文「traveling waves Propageting through coupled microbeads in the Belousov-Zhabotinsky reaction」が,physical chemistry chemical Physics(PCCP)の2021 HOT PCCP Articles に選ばれました。HOT PCCP Articlesは,その年に掲載された論文のうち,非常に好評だったものが選ばれるものです。

【論文の概要】

周期の異なる複数個の振動子を結合すると,周期が揃い位相差が一定になる現象を「同期(Synchronization)」といい,概日リズムやホタルの同時明滅など,自然界や生体系でよくみられる現象です。この論文では,自発的に酸化・還元を繰り返すBelousov-Zhabotinsky(BZ)反応系を自励振動子として用い,同期に関する実験と理論について報告しました。

これまでの同期に関する研究は,蔵本モデルに代表されるように,位相差の時間変化つまり「時間情報」で記述されています。それに対して本研究では,BZ反応で生じる化学波(局地的な酸化状態)の伝播という「空間情報」を同期に反映させたところに研究の新規性が有ります。このような「空間情報」を活用した同期システムは,生命現象における同期を解明するためのモデル実験系になるだけでなく,効果的なデータ通信やネットワーク形成の開発など,工学系への応用も期待できます。

 

問い合わせ先

大学院統合生命科学研究科 数理生命科学プログラム

教授 中田聡 nakatas(at)hiroshima-u.ac.jp


up