English website is here .

【研究成果】基礎化学プログラム博士課程後期1年対馬さんの研究成果が日刊工業新聞とChem-stationに掲載されました

2021年11月29日に本学からプレスリリースした研究成果「ホウ素化反応の常識を覆し分岐型アルケンの製造工程を大幅短縮 〜銅触媒を用いた末端アルキンの内部選択的ヒドロホウ素化反応の起源〜」が,日刊工業新聞に掲載されました。また,この研究は,基礎化学プログラム吉田拡人教授の指導のもと,博士課程後期1年対馬拓海さんが中心となって進めており,対馬さんのインタビューがChem-station 第360回 スポットライトリサーチに掲載されています。

日刊工業新聞 掲載ページ    Chem-station 掲載ページ

 

【基礎化学プログラムのホームページ】

【お問い合わせ先】

広島大学大学院先進理工系科学研究科 基礎化学プログラム

教授 吉田拡人(研究者ガイドブック)


up