広島ドイツ文学

広島ドイツ文学

   本研究誌は1995年7月創刊されて今日に至る。広島独文学会は広島大学文学部に事務局を置き、広島大学のドイツ語教員の他、大学院生、県内外のドイツ文学・語学研究者等49名および賛助会員10名によって組織されている。本研究誌は年1回発行されており、投稿論文、翻訳およびエッセイが掲載される。投稿論文は査読委員による査読を経て掲載されている。
研究誌の他に、ドイツ語圏の言語・文学・文化・ドイツ語教育に関する研究発表会を年2回程度開催したり、ドイツ語圏の研究者や作家、芸術家を招いて文学やドイツ語研究、さらには平和に関する講演会を開催し、学術と文化の国際交流を進めている。


up