海外留学・研修

広島大学では,学生の海外留学・研修を積極的に奨励し支援するための様々なプログラムが提供されています。

以下に挙げるプログラム以外にも国際交流の機会がたくさん準備してありますので,ぜひトライしてみてください。

※詳細は,「もみじ(学生情報の森)」で見ることができます。

STARTプログラム

新入生を対象に東南アジア,アメリカ,オーストラリア等の国に約2週間訪問し,異文化・環境を体験する機会を提供します。学生の経済的負担を軽減するため,参加費用の大部分を大学が補助します。

語学・文化研修プログラム

夏季休業中の3~4週間,イギリス・スイス・ドイツ・中国等の大学で,その国の語学・文化を学び,外国の学生との交流も行います。文学部では,研修時間数に応じて4単位まで単位を認定しています。

HUSA交換留学プログラム

学術交流協定を結ぶ海外の大学に概ね1年間または1学期間留学し,現地の学生と同じ授業を受講します。取得した単位は,広島大学の単位として認定することができます。

AIMS-HUプログラム

AIMS(ASEAN International Mobility for Students)とは,ASEAN諸国に日本を加えた各国の大学が学士課程の学生を対象に,グローバルで活躍できる人材育成を目的として,相互に学生を政府派遣する制度です。

文学部では,教育学部とともに,春学期(4月~8月)に協定校であるタイ・チュラーロンコーン大学BALAC(インターナショナルプログラム)からの留学生10名を受け入れ,秋学期(8月~12月)に同大学へ本学学生8名を派遣しています。派遣にあたっては,経済支援,事前学習(英語,現地語・文化)など,様々な手厚い支援を受けることができます。

※このプログラムは,文部科学省が支援する「大学の世界展開力強化事業」に採択されています。


up