類の紹介・入学案内

Introduction of CLUSTER 1 & Admission Guide

工学部第一類とは (About CLUSTER 1, SCHOOL OF ENGINEERING)

力学 (Mechanics & Dynamics) を基盤として,先端的な要素技術 (Advanced Elemental Technology) とシステム統合化技術 (System Integration Technology) の双方を含む広い範囲の教育プログラムを構築し,産業界から求められている多方面で活躍できる人材育成を行います。

具体的には,新しい機械システムの構造・機能や設計原理,メカトロニクス技術,知能化機械システムの生産原理,環境と調和する輸送・物流技術の開発,機能性材料の開発と利用,生産加工原理,新エネルギー開発,動力変換新技術等についてのについての教育を通じて,機械・輸送機器と人間との関わり合い,次世代のエネルギーや環境問題等について広い視野を持ち,最先端の設計・生産技術開発を担える技術者の養成を目指しています。

工学部第一類に入学した学生は,2年次前期までは教養教育科目群ならびに類共通の専門基礎科目を履修した後,2年次後期以降は4つの教育プログラム (機械システム輸送システム材料加工エネルギー変換) のいずれかに配属され,以降は各教育プログラムが提供する専門基礎科目・専門科目を中心に履修します。卒業論文着手要件を満たした学生は4年次に進級し,自身が配属された教育プログラムを担当している研究室のいずれかに配属され,卒業研究 (卒業論文の作成) を行います。

履修の流れ (教育プログラム配属) の詳細はこちら

入学希望・受験生の方へ (Admission Guide)

オープンキャンパス (Open Campus)
  毎年8月に2日間 (内容は各日共通で) 開催します。

入試情報 (Admission Information)
  1年次入学ならびに3年次編入学の各選抜により,それぞれ募集します。


up