• ホームHome
  • 研究
  • 日本学術振興会特別研究員

日本学術振興会特別研究員

令和6年度(2024年度)採用分 日本学術振興会特別研究員(DC・PD・RPD)の募集について(通知)

日本学術振興会特別研究員(DC・PD・RPD)の申請手続きは、特別研究員として研究に従事する予定の機関を通じて行います。
広島大学を研究従事機関として申請する方は、まず以下の「ID・パスワード発行依頼書」により電子申請システム用のID・パスワードの発行依頼を行ってください。
なお、申請希望者は、「募集要項」、「申請書作成要領」及び「申請書記載の注意事項」等に留意して作成し、事前に受入予定研究者の承諾を得た上で申請してください。

* 海外特別研究員・外国人特別研究員の手続きについては、広島大学 国際室国際部グローバル化推進グループへお問い合わせください。

日本学術振興会HP:
 特別研究員(DC1・DC2・PD)
 特別研究員(RPD)

 

【ID・パスワード発行期限】
  2023年4月13日(木)締切

【提出先】
「ID・パスワード発行依頼書」に必要事項をすべて記入し、メールの件名を「特別研究員ID・パスワード発行依頼(申請者氏名)」とした上で、広島大学  学術・社会連携部研究連携グループ E-mail :gakujutu-kikaku*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えて下さい)あてへメール添付で提出ください。
後日,ID・パスワードをメールで通知します。

【本学での「申請書」提出期限】
ID・パスワードをメールで通知する際に、本学での申請手続きの詳細をお知らせします。

特別研究員(RPD) : 2023年4月27日(木)14:00 締切
特別研究員(DC・PD) : 2023年5月9日(火)14:00 締切

 

<問い合わせ先>

特別研究員(DC・PD・RPD)について
広島大学  学術・社会連携部研究連携グループ
E-mail : gakujutu-kikaku*office.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角@に置き換えてください)

海外特別研究員・外国人特別研究員について
広島大学 国際室国際部グローバル化推進グループ
E-mail : kokusai-kyoten*office.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角@に置き換えてください)

広島大学で雇用する特別研究員-PD等の育成方針について

【目的】
 これまで、博士の学位を取得し自立的な研究者として研究を遂行する特別研究員PD、RPD、CPD(以下「PD等」という。)は、本学において研究の場はあるものの、雇用関係がないことから不安定な身分となっており、適切な研究環境・処遇の改善が必要な状況であった。このため、日本学術振興会において2023年度から新たに開始された「研究環境向上のための若手研究者雇用支援事業」では、特別研究員雇用制度により、PD等を本学の研究者として雇用・育成することが可能となった。このことから、本学においても、PD等を雇用し本学所属の研究者として研究活動を行うことで、論文数の増加や外部資金の獲得、博士課程学生等への研究指導を通じた研究能力向上など、本学の研究力向上に資することが期待できることから、特別研究員雇用制度を導入する。

【育成方針】
 特別研究員PD、RPD、CPDとして採択された優秀な若手研究者が、本学において将来につながる様々な教育研究経験を経ることで、特別研究員としての採用期間終了後も学内外を問わず次世代を担う教員や他機関・企業等の研究者として活躍することができるよう、研究環境の提供と育成プログラム等を実施する。併せて、女性研究者が活躍できるダイバーシティ研究環境を提供することで、女性研究者の研究力向上とキャリアアップを促進する。

(提供する研究環境)
 ・受入教員によるメンタリングと研究指導。
 ・博士課程学生等研究室メンバーへの研究指導の機会提供。
 ・受入教員の研究室を研究の場として提供。
 ・共用研究設備へのアクセスと技術専門職員のサポートを提供。
 ・学術論文データベースの利用を提供。
 ・国内外の外部資金情報データベースの利用を提供。
 ・剽窃防止ソフトの利用を提供。

(育成プログラム等の取り組み)
 ・研究倫理教育プログラムの提供。
 ・若手研究者の育成を目的としたプログラム(HIRAKU実践プログラム)への参加。
 ・若手研究者ポートフォリオ HIRAKU-PFを活用し、自身の能力の強みや弱みを理解し、目標設定や成長履歴を自己管理する機会の提供。
 ・ライティングセンターによる論文執筆などのアカデミックスキルの向上を支援。
 ・未来博士3分間コンペティション等への参加を通じたプレゼンテーション能力の向上。
 ・分野を超えた研究者の交流機会(広島大学100人論文等)の提供。
 ・科研費等外部資金応募のための説明会やセミナーの提供。

(女性研究者の研究と育児・介護の両立支援)
 ・広島大学内の保育施設の提供(利用要件あり)
 ・小学校の長期休業中(春季・夏季・冬季)の学童保育
 ・病後児保育利用料補助事業
 ・ベビーシッター利用割引券
 ・男女共同参画に関する意識啓発のための各種セミナーの実施
 ・ホームページの充実やMLの利用による「女性研究者ネットワークの活性化」

 

〇SPARK! Plan:研究者育成に関する広島大学の取組

 広島大学では,大学入学前から,研究者としてのキャリアを形成していくために,さまざまなサポート(研究環境整備,研究活動支援,キャリア形成支援,進路選択支援,経済支援,雇用支援,仕事と家庭の両立支援等)を行っています。

 「SPARK! Plan」は,これらの取組を包括した名称であり,「SPARK」は取組を連想させるワード「Smile・Pave・Advise・Rally・Kindle」の頭文字を取って構成された言葉です。

 SPARK! Plan  https://www.hiroshima-u.ac.jp/spark_plan

 本取組を中心に研究者育成の支援をさらに取り組んでまいります。

日本学術振興会特別研究員の広島大学における雇用制度について

 本学での雇用制度(処遇等)については、以下のファイルを参照ください。

 ※DCに採用された者で、博士の学位を取得し、PDに資格変更した者は雇用制度の対象となりません。


up