キャンパスぶらり散歩

東広島キャンパスは、約250haという広大な面積を有し、キャンパス単体では国立大学で4番目の敷地面積を誇るエコキャンパスです。2012年からスタートした生物相調査では、62種(2020年現在)の絶滅危惧動植物の生息を確認。国立大学のキャンパスでは全国1位の数です。キャンパス内には、2020年現在で約127種5,545本の樹木が植栽されています。これらの多種多様な樹木は、季節の移り変わりに伴って様々な花を咲かせ、実をつけ紅葉し、日本固有の自然や季節、文化を知るうえで本学の教職員、学生、留学生にとって大切な教育的資源となっているほか、地域の皆様にも親しまれています。

キャンパスに咲く花や木の実

キャンパスで見られる植物の花や実の情報です

キャンパスの桜

キャンパス内約70品種のサクラの情報です

東広島キャンパスの桜

キャンパスの生き物

キャンパスの昆虫、カエル、鳥などを紹介します。

東広島キャンパスの生き物

広島大学の象徴となる樹木

フェニックス・メタセコイアと広島大学について

広島大学の象徴となる樹木

パシャリ。広大

平和大使 ~森戸初代学長の植樹~

森戸初代学長によって植樹された木々


up