大学院 工学研究科 機械システム工学・機械物理工学専攻

機械システム工学専攻

新時代の機械システムの最適設計、高機能化、知能化の研究開発を計算力学や電子計測・制御技術をベースとして行える研究者及び高度専門技術者を育成しています。

機械工業のみならず、電気・電子機器、化学工業など、ものづくりのあらゆる分野で機械技術は重要な役割を果しています。とりわけ近年では、設計や生産加工におけるCAE(Computer Aided Engineering:コンピュータ利用技術)の発展は目覚しいものがあります。従来は経験と勘、古典的な経験式に基づいて設計していたものが、有限要素解析に代表される計算力学により機械構造物の全体モデリングとシミュレーションを行うことにより高精度な機械特性の予測とそれを考慮した最適設計が行えるようになってきました。また、電子計測・制御技術の発展により機械の高精度・高速制御が可能となり、FA(Factory Automation)や産業用ロボットの運動制御などに生かされています。

本専攻では、このような新時代の機械システムの最適設計、高機能化、知能化の研究開発を計算力学や電子計測・制御技術をベースとして行える研究者及び高度専門技術者を育成しています。そのための教育の柱は、固体力学、動力学(機械力学、振動工学など)、制御工学、設計学、反応気体力学などとなります。本専攻の修了生は、機械システム(計測・制御、FA、産業用ロボットなど)の設計、CAEソフト開発などコンピュータ援用機械設計技術の専門家としての活躍が期待されています。

機械物理工学専攻

次世代の機械技術開発を進めていくために、物理現象を深く理解し、それを機械の設計・製造に生かしていくことができる研究者及び高度専門技術者を育成しています。

低炭素化社会の実現に向けて、とりわけ新エネルギー開発・環境の分野において技術革新が急速に進んでいます。次世代の自動車開発は電池又は水素エンジンの方向に向かい、軽量化競争は熾烈なものとなっています。発電も自然エネルギー(太陽光、風力など)、バイオマスなど多様な方向で研究開発が進められています。こうした新技術開発の鍵を握るものに、熱流体・エネルギー工学、新材料開発・利用技術があります。とりわけ、高機能材料は、一方で難加工であるという宿命的問題を抱えており、それを克服するための新しい加工技術開発は重要です。

本専攻では、こうした分野の次世代の機械技術開発を進めていくために、実験と理論を通して物理現象を深く理解し、それを機械の設計・製造に生かしていくことができる研究者及び高度専門技術者を育成しています。そのための教育の柱は、熱・流体工学、燃焼工学、材料物理学、材料加工・応用学などとなります。本専攻の修了生は、新エネルギー開発、環境機器開発、素形材産業などにおける実験解析、生産・製造技術などの分野の専門家としての活躍が期待されています。

m
m
m
m
m


up