履修の流れ・評価の方法

入学から卒業までの主な流れ

「HiPROSPECTS(R)」の評価の方法

「HiPROSPECTS(R)」の大きな特徴のひとつは,これまでにない新しい学習成果の評価方法を導入したことです。
従来から行われている授業科目の成績の評価に加えて,主専攻プログラムで卒業までに到達して欲しい目標(到達目標)に皆さんがどの程度到達しているかを学期ごとに示すようにしました(プログラムごとに定められた到達目標に対する到達度の評価)。
これにより,卒業までに身に付けて欲しい力を皆さんがどの程度身に付けているのかをより具体的に把握することができ,効果的な学習を続けていくことができるのです。

授業科目の成績の評価

授業科目の成績は次のとおり評価し,学期ごとに通知します。

○秀,優,良,可,不可の5段階評価とし,秀,優,良,可を合格とします。
○各評価の基準は,100点満点で以下のとおりです。

秀:90点以上
優:80点以上89点以下
良:70点以上79点以下
可:60点以上69点以下
不可:60点未満

プログラムごとに定められた到達目標に対する到達度の評価

主専攻プログラムでは,詳述書に明示された到達目標の具体的な項目について到達度の評価を行い,「極めて優秀(Excellent)」,「優秀(Very Good)」,「良好(Good)」の3段階で,学期毎に評価を通知します。
「優」や「可」などの成績評価からは,その授業科目の履修の成果は分かりますが,プログラムが掲げる到達目標に対して,自分が今どの程度達成できているかは分かりづらいと思います。到達度の評価を知ることは,到達目標の実現に向けて,具体的にどういう能力がどの程度身につき,何が足りないのかを把握でき,またそれに基づいて,次の学期の学習に向けた履修計画にも役立てることができます。

到達度の評価は,学期毎に更新され,卒業時に通知される評価内容が,最終の到達度を表します。したがって,例えばある段階で「良好」という評価を一旦受けても,その後がんばって学習を続けた結果,卒業時には「極めて優秀」という評価を受けることも可能です。


up