技術センター長・技術統括 挨拶

技術センター長 早川 愼二郎
技術センター長 早川 愼二郎

 広島大学は,教育・研究活動における全学的な技術支援体制の構築と,それを担う技術職員の技術および技能の発展継承をねらいとして,平成16年4月,大学法人化を契機に広島大学技術センターを設置し,すべての技術職員の所属をそれまでの各部局から全学組織としての技術センターに一元化しました。初代技術センター長の藤久保昌彦先生が,技術センター創設から体制の構築を行い,二代目技術センター長の山本陽介先生により,現在の4部門10班の構成が出来上がりました。研究大学としての本学が内外にその研究力を発揮するために,技術センターは大きな役割を期待されています。

 私は工作部門,共通機器部門の皆様から多大なるご支援をいただき,研究活動を行ってまいりましたが,このたび三代目の技術センター長を拝命することとなりました。技術センター長としてセンターの業務と人員を正確に把握するとともに,この優れた技術支援システムを広く利用してもらうことを一番に考えております。同時に,技術センターにおいても定員削減の問題は避けて通ることができません。アウトソーシングの可能性も含めて必要な業務を常に点検し,センター職員に過大な負荷がかかることがないように注意すること,技術職員の技能向上や働き甲斐のある職場を実現していくことも技術センター長として重要な役割です。

 技術センターが本学において今後さらに重要な役割を担っていくためには,教員,事務職員,技術職員,相互の理解と敬意が重要となります。皆様のさらなるご支援をよろしくお願い申し上げます。

技術職員の仕事先 (例)

各施設の詳細につきましては,リンク先を御覧下さい。


up