【受賞】工学部第四類輸送機器環境工学プログラムの張さんが 日本船舶海洋工学会奨学褒賞を受賞しました

 広島大学工学部第四類輸送機器環境工学プログラム4年の張 信吾さんが,日本船舶海洋工学会奨学褒賞を受賞しました。
同賞は,卒業研究「セミ・モノコック構造におけるトポロジー最適化に関する研究」は船舶や航空機等に用いられる,外板と縦通材から成るセミ・モノコック構造に対し,構造最適化法の一種であるトポロジー最適化を用いて,革新的な構造の創出を支援する,最適化法を構築したものである。
造船所との共同研究の下,実際の船舶を単純化したモデルを用いて最適化を実施し,最終的には従来の構造とは異なる船体中央断面構造を創出した。
 上記内容について,特に優れた成績を残したと認められたため,受賞に至りました。
(受賞日:2017年3月23日)

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
 広島大学大学院工学委研究院 機械システム・応用力学部門(構造設計研究室)
 TEL:082-424-7544
 准教授  竹澤 晃弘

【工学部第四類のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up