【受賞】輸送・環境システム専攻の金平さんほか3名が Mori Award (Excellent presentation) in 2017 Workshop on Environmetal Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering (WETNAOE) を受賞しました

広島大学大学院工学研究科 輸送・環境システム専攻 博士課程後期1年の金平 大河さんほか3名が,Mori Award (Excellent presentation) in 2017 Workshop on Environmetal Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering (WETNAOE) を受賞しました。
同賞は,国際会議(WETNAOE2017)にて,研究の独創性,新規性,プレゼンテーション,質疑回答などの項目について,総合的に高い評価を得たため受賞しました。
(受賞日:2017年11月17日)

 論文タイトル:Development of Numerical Tank for Multidirectional Wave Basins Using GPUSPH
 著者:Taiga Kanehira, Hidemi Mutsuda, Sam Draycott, David Ingram and Yasuaki Doi

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
 広島大学大学院工学研究科 輸送・環境システム専攻(輸送・環境システム流体研究室)
 准教授  陸田 秀実
 TEL:082-424-7778

【輸送・環境システム専攻のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up