• ホームHome
  • 新型コロナウイルス感染症に関連する対応について

本学での対応について、随時、追加・更新をいたします。

6月1日より「レベル2」(要警戒)(中程度の活動制限)

新型コロナウイルス感染症の拡大で政府が発令した緊急事態宣言が5月25日、全ての都道府県で解除されました。広島県からの大学に対する休業協力要請も6月1日に解除されます。これを受けて広島大学は、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針」に基づいて、現在の「レベル3」(高度警戒)(大幅な活動制限)を、6月1日から「レベル2」(高度警戒)(大幅な活動制限)に引き下げることといたしました。

6月1日以降】レベル 2(要警戒)(中程度の活動制限)

授業
  • 原則として、授業はオンラインにより実施
  • キャンパス内の教室等でネットワークを利用した受講を認める
  • 実技を伴う実験・実習等、対面でないと教育効果が得られない授業であると学部長・研究科長等が判断し、あらかじめ教育本部に届け出て許可を得たものについては、十分な感染防止策を実施した上で、対面で実施
    マスクを着用しないと、キャンパス内での授業は受講できません
教員・研究活動
(研究員・学生の研究活動も含む)
  • 感染拡大防止に最大限留意して、進行中の研究、および卒業・修了に必要な研究については入室可
    マスクを着用しないと、キャンパス内での研究室への入室はできません
事務体制
  • 感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活用感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活用感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活用感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活用感染拡大防止に最大限留意して通常通りの勤務とするが、時差出勤・テレワークを積極的に活用
学内の会議
  • 感染拡大防止に最大限留意して対面会議を行うが、オンライン会議を積極的に活用感染拡大防止に最大限留意して対面会議を行うが、オンライン会議を積極的に活用
キャンパスへの学生の入構
  • 授業の受講、研究活動以外での入構を自粛する
  • 感染拡大防止に最大限留意する
    マスクを着用しないと、キャンパスへの入構はできません
課外活動
  • 全面活動禁止(生物の世話に必要な最小限の活動を除く)

この行動指針は、今後の状況に応じて見直しを行う場合があります。 
課外活動については、別途ホームページに指示があります。                  

重要なお知らせ

お知らせ

教職員・在学生の方へ

授業等に関する重要なお知らせ(もみじへ移動)
健康管理に関する重要なお知らせ(保健管理センターHPへ)
  • 教職員対象
    学内ポータル(いろは)からも、海外への渡航や就業等への対応に関する情報を発信しています。上の緑の画像をクリックするとログイン画面に移動します。

よくあるご質問

1.オンライン授業期間中の居住地について

【問い】新入学生は4月15日からオンライン授業が始まり、対面授業は5月の連休明けからとのことです。実家が遠方にあるので、実家に居てオンライン授業を受けてもいいのでしょうか。
 
【お答え】新型コロナウィルス感染状況の急速な悪化に伴い、感染防止の観点から集団によるガイダンスは取りやめとなりました。しかしながら、対面授業が開始されるまでの約1カ月間は、大学内施設(図書館、福利施設)やネットワーク環境など、学修する上で必要なさまざまな環境を把握していただく期間です。
学生生活及びオンラインでの学習方法などに関するチューター(指導教員)からの指導・助言に加えて、支援室窓口での履修登録や学生生活上の疑問の解消など、環境面に細心の注意を払った上での必要な指導も行います。
このような点も踏まえて、特別な配慮が必要でない場合、学生の皆様にはキャンパスに通える距離で生活していただくようお願いいたします。

附属学校園の保護者の方へ

行事関連

入学試験等について

その他


up