高大接続・入学センター長あいさつ

高大接続・入学センター長あいさつ

ご あ い さ つ

2019年4月1日,広島大学に高大接続・入学センターが発足しました。これは,従来設置されていた入学センターとエクステンションセンターを統合発展させた新しいセンターです。この統合により,従来両センターが持っていた機能・役割を継承するとともにこの機会に一層発展させて行きたいと考えています。

まず,これまでの入学センターの機能です。入学センターは本来,本学の入学者選抜にかかわって,次の三つの役割を担っていました。
一つには,入試実施機関としての機能です。学内の各部局と緊密に連携しながら,入試のコントロール・タワーとしての役割を果たして来ました。また,学生募集広報についても,各種説明会,相談会を開催・運営するなど,本学の中核的な役割を担っています。

二つ目は,本学入試の企画者,制度設計機関として役割です。これについても,全学部委員が参加する入試委員会等の場で,本センターがコントロール・タワーとしての役割を果たしながら,入試の全体像を示しつつ各学部との意見調整を行って来ました。

三つ目は,研究機関としての機能です。第二の機能である広島大学の入試制度設計の裏付けとなる入試研究を行い,その成果を制度設計に生かして来ました。
この度の統合以前から,センターが受け持つ入試の守備範囲が拡大して来ていますが,大学院課程の入試,外国人留学生の入試等についても今後積極的に取り組んで行きたいと思います。

次に,エクステンションセンターの機能です。エクステンションセンターは,学外者のための教育・学習支援窓口として,一般市民向けの各種公開講座の開催,高校生向け公開授業・公開講座の実施,社会人向けに再チャレンジや資格取得の機会を提供する履修証明プログラムの実施,広島商工会議所との連携によるビジネス講座の開催等を具体的な活動内容として来ました。

「教育の広大」としての伝統を持つ本学は,学ぶことの楽しさ,大切さを伝えることのできる豊富な人財,設備等を有しており,これら本学の知的財産を社会に開いていく役割を高大接続・入学センターにおいても受け継いで行きたいと考えています。

そして,この二つのセンターが重なりつつ果たして来た高校との接続,連携については,今後は一層強化して行きたいと思います。高校を対象とした模擬授業や大学訪問の実施を始め,各種の科学オリピックの開催・運営やグローバルサイエンスキャンパス(GSC)事業の運営並びに初等・中等教育にかかわる公開講座,放送セミナー等の開催等を精力的に進めてまいります。

高大接続・入学センターは,以上のような具体的な活動や業務内容の実施を通じて,新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた入学者選抜改革を強力に推進して行く決意でおります。

 2019年4月

 杉原 敏彦


up