修学支援制度

先端物質科学研究科では,大学院での学業・研究活動の奨励を目的として,下記のとおり8種類の修学支援制度を設けています。

博士課程前期及び博士課程後期学生対象

1.広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ

 広島大学では,学生の勉学意欲の向上及び優秀な人材の輩出を目的として,入学試験における 成績評価,在学中の学業成績・学術活動等において優秀と認められる学生に対して次のとおり修学支援を行っています。本研究科では,この制度の採用枠を拡大 し,研究科の奨学生数を増員しています。
(1) 学長から表彰状が授与されます。
(2) 後期分の授業料を全額免除します。
(3) 成績証明書へ成績優秀学生であることを記載します。

→先端研での表彰式の様子

年度別実績(先端研) H25 H26 H27 H28 H29
博士課程前期 6 6 6 6 6
博士課程後期 6 9 8 8 9

 

2.先端物質科学研究科 大学院学生海外派遣制度

 本研究科では,海外での国際学会発表や研究・研修活動及び国際交流の促進を目的として,博士課程前期及び後期学生に対して,海外渡航旅費等を援助しています。

年度別実績 H25 H26 H27 H28 H29
博士課程前期 8 15 6 5 8
博士課程後期 4 11 11 8 2

 

3.先端物質科学研究科 大学院学生の短期留学支援制度

 本研究科では,国際性豊かで創造的な研究開発活動を独力で展開できる人材を育成するため,本研究科に在学する博士課程前期及び後期学生が,海外の大学や研究機関等で行う1か月以上6か月未満程度の短期留学(研究活動等)について旅費および滞在費等を支援します。

年度別実績 H26 H27 H28 H29
博士課程前期 1 0 1 0
博士課程後期 0 2 0 0

4.先端物質科学研究科 大学院学生の国内における国際学会発表支援制度

 本研究科では,平成25年度より,大学院学生を対象に研究活動の促進及び経済的支援を目的に,国内で開催される国際学会での発表に伴い必要となる旅費を援助しています。 

年度別実績 H25 H26 H27 H28 H29
博士課程前期 4 2 3 4 1
博士課程後期 2 0 2 1 0

5.先端物質科学研究科 英語能力検定受験料支援制度

 本研究科では,博士課程前期及び後期の学生が,英語能力検定(原則TOEIC(R)公開テスト)を受験する際に受験料(2回/年※)を支援します。
※平成28年度より,2回/年となりました。

年度別実績 H25 H26 H27 H28 H29
博士課程前期 17 39 26 34 36
博士課程後期 9 8 4 3 5

博士課程後期学生対象

6. 先端物質科学研究科 大学院博士課程後期学生奨学金

 本研究科では,博士課程後期学生が経済的事情により博士課程後期への進学・入学を断念することなく,学業に専念できる環境を整えることを目的として,優れた博士課程後期学生に奨学金を支給する制度を実施しています。 

年度別実績 H26 H27 H28 H29
博士課程後期 7 8 8 11

7.先端物質科学研究科 博士課程後期学生経済支援制度

 本研究科では,博士課程後期学生(休学者,留年者,国費外国人留学生,外国政府の派遣による留学生で留学生本人が授業料を負担していない者及び社会人学生を除く。)への経済的負担を軽減することを目的として,最大年間授業料相当額を,リサーチ・アシスタントとして行う研究補助業務への対価として支払う制度を実施しています。

年度別実績 H25 H26 H27 H28 H29
博士課程後期 29 38 35 23 23

8.先端物質科学研究科 博士課程後期学生研究活動支援制度

 本研究科では,国内における学会発表や研究機関等での研究・研修活動の促進を目的として,博士課程後期学生に対して,国内旅費等を援助しています。

年度別実績 H25 H26 H27 H28 H29
博士課程後期 15 22 20 9 7


up