• ホームHome
  • 大学院先端物質科学研究科
  • 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 革新的先端研究開発支援事業(PRIME)「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」に採択されました

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 革新的先端研究開発支援事業(PRIME)「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」に採択されました

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(以下、AMED)が公募した令和元年度「革新的先端研究開発支援事業(AMED-PRIME)」の「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」研究領域に、水沼 正樹 准教授の研究課題「S-アデノシルメチオニン(SAM)代謝が関与する寿命延長メカニズムの解明」が採択されました。

【採択課題名】S-アデノシルメチオニン(SAM)代謝が関与する寿命延長メカニズムの解明
【研究代表者】広島大学大学院統合生命科学研究科 准教授 水沼 正樹

【お問い合わせ先】
広島大学大学院統合生命科学研究科 生物工学プログラム
准教授 水沼 正樹 

TEL: 082-424-7765
e-mail:mmizu49120*hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up