先端生体機能画像開発

【研究キーワード】
画像診断、MRI (Magnetic resonance imaging)、機能画像

【最近のハイライト】
本講座は国内の代表的画像診断機器メーカーである日立製作所との共同研究講座として平成30年4月に設置されました。広島大学病院では、平成29年6月に日立製作所の3T MRIであるTRILLIUM OVALが導入されていますので、このTRILLIUM OVALを利用して体幹部領域(主として上腹部)をターゲットとしたあらたな撮像・解析方法の開発に取り組んでいきます。

【教育内容】

  1. 医学系の博士過程の学生を受け入れ、企業との共同研究を行うことで、より臨床に役立つ画像手法の開発に貢献できるような人材を育成します。
  2. 企業から社会人大学院生を受け入れ、共同研究を行うことで、臨床の現状やニーズを理解した医工連携のための人材を育成します。

【研究内容】
   現在の研究テーマ:
   ・ EOB造影MRI画像の画質向上を目的とした撮像法の開発と臨床応用
   ・ MRIによる肝脂肪定量撮像方法の開発と臨床応用
   ・ 拡散強調像を用いた肝線維化や炎症の推定の検討
   ・ 胎児骨系統疾患におけるMRIによる骨の描出法の開発

胎児標本のCT(左)とMRI(右)CTと比較し、MRIでは脊椎が明瞭に描出されており、同時に胸腹部内蔵臓器の評価も可能となっている。
 

新たな撮像方法であるPseudo-random trajectoryではアーチファクト(○)が消失している。

 

業績:
英文原著論文
Nakamura Y, Higaki T, Nishihara T, Harada K, Takizawa M, Bito Y, Narita K, Akagi M, Matsubara Y, Kamioka S, Akiyama Y, Iida M, Awai K. Pseudo-random Trajectory Scanning Suppresses Motion Artifacts on Gadoxetic Acid-enhanced Hepatobiliary-phase Magnetic Resonance Images. Magn Reson Med Sci 2019. 10.2463/mrms.mp.2018-0174

Matsubara Y, Higaki T, Tani C, Kamioka S, Harada K, Aoyama H, Nakamura Y, Akita T, Awai K. Demonstration of Human Fetal Bone Morphology with MR Imaging: A Preliminary Study. Magn Reson Med Sci 2019. 10.2463/mrms.mp.2019-0105

国際学会発表
2018年北米放射線学会(RSNA2018)
Demonstration of the fetal bone cortex MRI scans: Preliminary clinical study on normal fetal specimens.
Matsubara Y, Tani C, Higaki T, Kamioka S, Nakamura Y, Awai K.

2019年ヨーロッパ放射線学会(ECR2019)
Pseudo-random trajectory scan technique to suppress motion artifacts on gadoxetic acid-enhanced hepatobiliary-phase magnetic resonance images
Nakamura Y, Higaki T, Nishihara T, Harada K, Takizawa M, Bito Y, Narita K, Akagi M, Awai K.

3 Tesla magnetic resonance imaging: Clinical capability of new applications for abdominal imaging
Nakamura Y, Higaki T, Nishihara T, Harada K, Takizawa M, Bito Y, Narita K, Akagi M, Awai K.

2020年ヨーロッパ放射線学会(ECR2020)
Utility of radial scan for identification of arterial hypervascularity of hepatocellular carcinoma on gadoxetic acid-enhanced MR images
Nakamura Y, Hitaki T, Narita K, Akagi M, Matsubara Y, Nishihara T, Harada K, Takizawa M, Shirase R, Bito Y, Iida M, Awai K.


up