【受賞】システムサイバネティクス専攻の石井 教授ほか3名が Best Paper Awardを受賞しました

広島大学大学院工学研究科 システムサイバネティクス専攻 石井 抱教授,高木 健准教授ほか学外者2名が,28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS 2017) Best Paper Award を受賞しました。
同賞は,28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS 2017)において発表した研究「Instantaneous Acquisition of Focused Image using High-speed Microscope System」はMicro-NanoMechatronics and Human Scienceの発展に貢献する優秀なものと認められたため授与されました。
(受賞日:2017年12月6日)

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
 広島大学大学院工学研究科 システムサイバネティクス専攻(ロボティクス研究室)
 教授  石井 抱
 TEL:082-424-7692

【システムサイバネティクス専攻のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up