【受賞】システムサイバネティクス専攻の関﨑 助教ほか2名が 2018年度システム制御情報学 学会賞論文賞を受賞しました

広島大学大学院工学研究科 システムサイバネティクス専攻の関﨑 真也助教,西﨑 一郎教授,林田 智弘准教授が,2018年度システム制御情報学 学会賞論文賞を受賞しました。
同賞は,システム制御情報学会論文誌上に発表した論文「太陽光発電システムが導入された配電系統における需要家の公平性を考慮した電圧管理手法に関する検討」が,優れた論文として認められたため授与されました。
(受賞日:2018年5月17日)

 

 

【この記事に関するお問い合わせ先】
 広島大学大学院工学研究科 システムサイバネティクス専攻(社会情報学研究室)
 助教  関﨑 真也
 TEL:082-424-4590

【システムサイバネティクス専攻のページへ】

【受賞者一覧のページへ】


up