交通案内

2つのキャンパス

広島大学法学部は、2つのキャンパスをもっています。

東広島市にある「東広島キャンパス」では、法学部昼間コースと大学院社会科学研究科(法政システム専攻)の授業を行っています。「東広島キャンパス」は、市政移行前の地名である「西条町」にちなんで「西条キャンパス」と呼ばれることもあります。

東千田キャンパス」のある広島市中区東千田町は、統合移転前の広島大学があったところです。そのため統合移転完了後は「広島大学跡地」と呼ばれることもあります。しかし統合移転後も法学部・経済学部の夜間主コースは、東千田で継続して授業を行っています。現在では東千田総合校舎が新築され、大学院法務研究科(法科大学院)もここにあります。

キャンパスマップや交通アクセスの詳細については、それぞれのキャンパスのリンク先をご覧ください。


up