情報科学部・総合科学部国際共創学科設置記念講演会・記念式典・記念祝賀会を開催しました

4月1日に設置した情報科学部、総合科学部国際共創学科の記念式典および記念祝賀会を、5月16日に広島市内のホテルで開催しました。新谷衆議院議員や溝手参議院議員をはじめ、小山田文部科学省高等教育局国立大学法人支援課課長補佐、中下広島県副知事、松井広島市長、高垣東広島市長ほか関係の方々に出席いただきました。

記念式典で、越智光夫学長は情報科学部と国際共創学科の設置の経緯について、育成する人材像を示しながら「これからも平和を希求しチャレンジする国際的教養人の育成に励み、100年後にも世界で光り輝く大学であり続けることを目指して教職員一丸となって取り組んでまいりたい」と挨拶しました。

また、式典に先立ち、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典氏(東京工業大学科学技術創成研究院特任教授)をお招きし「半世紀の研究を振り返って思うこと」と題して講演会を開催しました。会場には、高校生を含む約360人が集まり、熱心に耳を傾けました。

大隅特任教授は、これまでの研究者としての歩みを振り返りながら「研究は自ら考え、責任を持って遂行する中で様々な驚きや喜びがある。与えられた課題でも、自分なりに咀嚼して新しい問題を見つけてくる視点がとても大切」と、未来を担う若者にエールを送りました。

この後、越智光夫学長が大隅特任教授に広島大学特別栄誉教授の称号を授与し、大隅特任教授の功績をたたえました。

記念式典での越智広島大学長挨拶

記念祝賀会の模様

笑顔を交えながら熱のこもった講演を行う大隅特任教授

特別栄誉教授の称号楯を受け取る大隅特任教授(左)

【お問い合わせ先】

広島大学総務グループ
TEL: 082-424-6016
E-mail: soumu*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up