工学部の慰霊碑に献花を行いました



 戦後66年の原爆忌を迎えるにあたり、前身校で在職中または在学中に被爆され、

その後亡くなられた方々の霊を慰めるため、「広島大学工学部慰霊碑」に花を供えました。

 この慰霊碑は、工学部ならびに前身校の教職員と卒業生の物故者を合祀することとして、

1971年に創立50周年記念事業として、名誉教授の故佐藤重夫先生(当時建築学科教授)の

設計により旧キャンパス(広島市千田町)に建立され、1982年、東広島キャンパスへの移転に

伴い、現在地に移設されました。

花を供えた慰霊碑の写真工学部の慰霊碑と石碑(標識)

 

【この記事に関する問い合わせ先】



大学院工学研究科 運営支援グループ(総務担当)



TEL:082-424-7505


up