大学院

工学の目的

工学の目的は“具現化の探求”であり,以て人類の平和,発展,存続に寄与することである。すなわち,自然との調和の中で,社会における要請,課題を解決するための具体的方策を科学的知識に基づいて検討し,実現化することである。

大学院工学研究科の設置理念

(1) 先進的な研究・学際的研究を推進し,知識の創造,蓄積,活用の場を提供すること

(2)“工学の目的”達成のために,新しい基礎技術開発に創造的に取り組む研究者,自ら課題を設定しそれを解決できる能力を持つ高度専門技術者を養成すること

(3) 高度な研究活動と成果の社会への還元により,豊かな社会作り,さらには人類の平和,発展,存続に貢献すること

大学院工学研究科の教育・研究目的

(1) 先進的で高度な研究・学際的研究を推進し,研究成果の社会への還元により,豊かな社会作り,さらには人類の平和,発展,存続に貢献すること

(2) 工学の目的を理解させ,社会性,自律性を養うこと

(3) 工学に必要な基礎的知識を習得させること

(4) 自ら課題を設定しそれを解決できる能力を持つ高度専門技術者を養成すること

(5) 先進的な研究・学際的研究を推進する能力を育成すること

(6) その他,工学に携わる能力を身につけさせるとともに,工学を継承,発展させる人材を育成すること

大学院工学研究科の教育・研究目標

(1) 各専門分野及び学際的分野における高度なかつ組織的な教育・研究活動の実施

(2) 研究,開発に携わるために必要な知識,能力をもつ人材の育成

(3) 広い視野,柔軟な適応力や創造力の養成,及び自己啓発・研鑚意欲の醸成

(4) 地球の有限性を考慮し,環境問題の積極的解決を目指した研究活動

(5) 国際的な共同研究の推進を通じた国際社会への貢献

(6) 研究活動成果の社会への積極的な還元活動

学位授与方針(ディプロマポリシー)

【博士課程前期】

(1) 工学の目的を理解し,社会性及び自律性を有している。

(2) 工学に必要な高度な知識を有している。

(3) 自ら課題を設定し,それを解決できる能力を有している。

(4) 高度な研究・学際的研究を推進する能力を有している。

 

【博士課程後期】

(1) 工学の目的を深く理解し,十分な社会性及び自律性を有している。

(2) 工学に必要な専門的で高度な知識を有している。

(3) 自ら課題を設定し,それを解決できる優れた能力を有している。

(4) 先進的で高度な研究・学際的研究を推進する能力を有している。


up